バイナンス BUSD USDT 違い

バイナンス BUSD USDT 違い

バイナンス BUSD USDT 違い

おはようございます
今、多くの方々がコインや株を購入するのを よく見かけます。

多くの人が投資をしているため、投資の進入障壁が低くなっています。
しかし、投資する前にいろいろ知っておくべきことがあります。

でも、こうした情報は不慣れなので、詳しく探さないと得られないことが多いので、よくわからないことが多いんですよ。

なので今回は、 バイナンスのbusdusdtの違いについて
簡単に話をします。 またこれからの方向性もお話ししようと思います。

BUSD USDT 違い:ステーブルコイン(Stablecoin)

 

バイナンスbusdusdtの違いはまさに発行者にあります。
本当はここまで詳しく知っている必要があるだろうか。 疑問に思うかもしれません。

まず、これについて知る前に ステーブルコイン(Stablecoin)について
調べなければならないようです。

BUSDとUSDTは、 ステーブルコインです。
ビットコイン、イーサリアム等に代表される仮想通貨の貨幣機能としての問題点は、やはり価値変動にあると思います。

変動が大きいため、投資の目的ではなく、投資収益率を集めておこうとする目的としては少し不適切だということです。

この高い変動性に起因して利益が得られるものもありますが、安定性が低いため、長期的な投資より短期投資に向いていると思いますが。
そういった課題を解決するために出された代替コインがステーブルコインです。

ステーブルコイン用途

 

ステーブルコインは法定通貨の価値と連動したコインのことをいいます。

代表的なステーブルコインであるUSDT(テザー)は、
[1USDT = 1USD(ドル)の価値]
ドルと同等だとお考えになればいいです。

取引所は銀行がないので
法定貨幣を取り扱うことが非常に負担となるため、米ドルのUSDの価値を保証するコインであるUSDTを造りました。

USDTが誕生すると、コイン取引所は直接法定貨幣を取り扱わない。 USD(ドル)と同等の価値を持つため利用者も安心して使用できるようになります。

もしビットコインが落ちそうになったらビットコインを売って、
USDTを保有しています。 こうすれば、資産を安全に維持することができます。
ステーブルコインはブロックチェーンネットワークで動かせる資産でありながら価値は変動しない特徴を持つようになりました。

従来のコインに比べ、貨幣らしい機能が一層際立っています。
よって変動の大きいビットコイン、イーサリアムより
投資収益を集めておく貨幣の用途に使用するのがステーブルコインです。

ステーブル·コイン
発行者の違い

USDT:香港ビットファイネックス取引所傘下のテザーから発行されたステーブルコイン
BUSD:コイン取引所バイナンスから発行されているステーブルコイン
HUSD:コインマネー取引所フオビから発行されたステーブルコイン

その他にもたくさんのステーブルコインがあります。
ステーブルコインの中で最も多く使われるのは、USDTテザーです。

時価総額も最も高く、最も多くの取引所で利用しています。

私も取引をしない時はUSDTに変えています。
しかし、テザーは実物のUSD(ドル)を担保することができないという疑惑が提起されたハッキング事件も存在しましたが…。

その後、テザーにおける不安要素を取り除くため、財務状況を定期的に透明に公開することを約束したといいます。

これが本当にうまくいくかは見守らなければならない事項です。

バイナンスドルと連動しているBUSDもステーブルコインの影響を高めていく傾向にある。

バイナンス取引所の出来高はほぼ独歩的なものだからです。

 

 

バイナンス紹介コード
バイナンス取引所手数料20%登録紹介コード

https://accounts.binance.com/ja/register?ref=J24I6ZG2

 

紹介コードを登録して、減らせる金額は思ったより大きいです。

多くの方々が割引を受けてご利用ください。

何に投資をするかをうまく選択しなければなりません。
本人が選択するために勉強しなければならず、自ら情報を探して調べなければならない部分は本当に多いです。

しかし、バイナンス busdusdtの違いといった部分については、
まだ未熟な方は、専門家の助言を受けたりコインについてもう少し勉強してみて投資することで、投資を成功させるのに役立つでしょう。

良い結果を出すためには、ビットコイン市場の状況をよく分析して、リアルタイムで確認をして良い選択をすることが最善です。

そして、戦略をしっかり立てて接近した場合、良い結果が出せるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。